So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

06-10-08 初島 [ダイビング]

3連休の真中。朝晩は涼しいが、昼は晴れてば半袖でもOK。今日もそんな日。すでに10月、初島行きの船も少し余裕あり。

海中はおとといまでの台風&低気圧の影響はあまりなく、風波で多少エントリー&エキジット時にゆれる程度。昨日は透明度は15~20mと現地サービルのログにあったが、実際に見ると10m前後。少し期待しすぎ。水温は一番低いところでも24℃くらいなので1時間くらい潜ってても寒くはないが。

1本目はガイドロープ沿いにエントリー後、まずはジョーフィッシュ。その後、テンス(Yg)。を見つつ砂地をウロウロしてアオリイカの産卵床などを見るが、アオリイカの卵もあまりなく目立つのはムレハタタテダイ。が一匹ウロウロ。
砂地は魚が少なめだが、水深を上げてゴロタ方面ではキビナゴの群れ。がわんさか。キビナゴが切れるとタカベの群れ。がわんさか。残念ながら回遊魚の姿は見れずエキジット。

2本目もガイドロープから砂地へ。ゴロタ際でトウシマコケギンポサキシマミノウミウシ。を見て、ゴロタ上へ。1本目と同じくキビナゴの群れが次々と現れては消えていく。残念ながらタカベの群れは1本目ほどは見れず。ダイバーが入って散ったか。ちょろっとアオリイカコウイカ。の姿を見つつクマノミミツボシクロスズメ。などを愛でてエキジット。

ダイビング中はあまり寒くないが、上がると寒い・・・気がつけば初島にも湯船ができてた。
並みの伊豆よりは面白いが、事前情報に期待しすぎたか。

その他のお魚のクリップはhttp://www.flipclip.net/clips/ysclip/
その他ダイビングログはhttp://sea.s12.xrea.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

X-MEN ファイナル ディシジョン [映画≪アクション≫]

お台場の映画館で観た。公開からしばらく経ってることもある&平日のためガラガラ。全部で8人くらいだった。ちなみにエンドロール後のサプライズに関して、すでに情報が入ってるのか、全員最後まで残ってた。感心感心。
それはともかく原作はまだまだ続くX-MEN。1作目のマグニートのあまりにお爺ちゃんぶりにショックだったが、やっと慣れてきたとおもったら今回のシリーズ映画化はこれが最後。もっとも、何年か経ったら新シリーズで作られると思うけど。
最後の最後で原作のオリジナルメンバーのエンジェルビーストの参加、アイスマンの戦闘スタイルが登場、シミュレーションとはいえセンチネルとの戦闘など、原作ファンへのサービス満点。また、ミスティークの素顔&セミヌードやサイクロップスのルビークォーツバイザー無しの素顔など、役者へのサービスも忘れてない。
まさに最終作と呼ぶにふさわしいてんこ盛り。2時間切る上映時間だけど、かなり満足な出来。
それにしても、役者のランクでこれほどキャラクターの扱いに違いが出てしまうとは・・・プロフェッサーXの後を継ぐのはサイクロップスだったような気が・・・

X-MEN 1&2 DVDダブルパック

ぜひとも次回シリーズではアポカリプスと敵としてほしいね。もしくはFFとスパイディとのクロスオーバーで。かなりヒットすると思うが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イン・ハー・シューズ [映画≪家族≫]

DVDで観た。
美人だが頭が悪い妹と、頭は悪いが容姿にコンプレックスのある姉が人生を取り戻すお話。
派手な事件やトラブルはないが誰もが感じるコンプレックスや挫折・対立をテーマに、ちょうどいい位の解決策。出すぎず、引きすぎず、そんなバランスの良い映画
映画の中の元気な老人達から生きる力をもらうのは主人公達だけでなく、観ている人たちもだろう。
そういえば、予告編のキャメロン・ディアスの劣化が著しくひどくビックリしたが、映画本編ではいつもどおりだった。やはりあの予告編の映像は本編ではカットか?

イン・ハー・シューズ

2005/米
監督 カーティス・ハンソン
出演 キャメロン・ディアス / トニ・コレット / シャーリー・マクレイン / マーク・フォイアスタイン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

フライトプラン [映画≪サスペンス≫]

DVDで観た。
飛行機に一緒に乗ったはずの娘が機内で行方不明。娘を探す母親(ジョディ・フォスター)だが、娘は最初から乗っていないとの情報が・・・。
なんか、似たようなトンデモ映画を1年くらい前に観た気もするが、こちらは本当のサスペンス。娘を探す母親の行動は行き過ぎっぽく、もし一緒の飛行機に乗ってたら迷惑千万すぎてまったく同情できないが、実際に母親とはそういうものなのかも。が、よく考えるとパニックルームも娘を守る母親の話ではあるし、母親がっていうより、ジョディ・フォスターがこういう役を好きなのかもね。

フライトプラン

2005/米
監督 ロベルト・シュヴェントケ
出演 ジョディ・フォスター / ピーター・サースガード / ショーン・ビーン / ケイト・ビーハン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

THE 有頂天ホテル [映画≪コメディ≫]

DVDで観た。

大晦日のホテルを舞台としたアンサンブルドラマ。邦画としては、珍しいくらい整った群像劇。今までの三谷映画で、一番面白かった。

群像劇なので、個々のエピソードは薄くなりがちだけど、お互いの微妙なつながりと全体を流れるムードでよくまとまっている。出演者も多いが、分かりやすい配役と邦画にしては珍しくバランスを崩すほど下手な人が出ていないため、安心して観ていられる。

あくまで群像劇なので、奥の深いテーマとか、大どんでん返しみないなのがないと映画じゃないとう人には決して薦められないが、普通に観て面白い。オススメ

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション 2005年 日本

監督 三谷幸喜

出演 役所広司 / 松たか子 / 佐藤浩市 / 香取慎吾 / 篠原涼子 / 戸田恵子 / 生瀬勝久 / 伊東四朗 / 西田敏行


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る [映画≪アニメ≫]

DVDで観た。
フル3DCGで描かれるガンダム番外編。MSイグルーもこれが最終作とは残念。
怒涛のア・バオア・クーの戦い。ガンダムとジオングが戦ってる横で、ジオン軍「第603技術試験隊」の兵士達と試作兵器の、こんなにも熱い戦いが繰り広げられているとは!
最近のガンダムSE●Dとかに満足できない自分には最高。

機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

オリバー・ツイスト [映画≪人生≫]

DVDで観た。
予告編と少し違う。いや、かなり違うかも。予告編は主人公オリバーツイストの波乱万丈っぽい人生と感動みたいな話だったけど、実際にはオリバー・ツイストの周りの人たちの転落人生と悲惨な結末だった。とにかく、悪人だけど頭の悪い人がいっぱい出てた。犬が一番頭良かったな。
それにしても、お気楽なテーマ曲と内容があってないような・・・あ、それが狙いか?

オリバー・ツイスト

2005/英=チェコ=仏=伊
監督 ロマン・ポランスキー
出演 ベン・キングスレー / バーニー・クラーク / リアン・ロウ / マーク・ストロング / ジェイミー・フォアマン


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

2046 [映画≪恋愛≫]

とりあえずキムタクの事は考えない。演技が上手い下手とかいうよりも、普段TVで観ている顔が、TVで観ない人たちの間に混ざると、やはり浮く。
そのためストーリーは可も不可もない恋愛映画だが日本人にとっては間違いなく不可の映画に仲間入り。

2046

2004/中国=仏=独=香港
監督 ウォン・カーウァイ
出演 トニー・レオン / 木村拓哉 / コン・リー / フェイ・ウォン / チャン・ツィイー / カリーナ・ラウ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

06-09-02 大瀬崎 [ダイビング]

9月最初の週末。もう朝方は半袖では意外と肌寒いこともあり、夏の終わりを感じられる。毎年、この時期は寂しいね。

今回の大瀬はFunダイブ兼HirokaさんのAOW。AOWは「魚の見分け方」と「PPB」。

1本目は「魚の見分け方」なので、お魚がたくさん見れそうな外海。 エントリーして、顔をつけて第一印象は「青い!」 。思ったより透明度は良好。
途中ハナアナゴなどを見つつ、いつもどおり沖を目指す。深場についたところで、大瀬の魚たちを見つつ浅場に移動。途中ダルマガレイ、ミノカサゴなどをいじりつつ移動してると、Ikawaさんが呼ぶので行ってみるが、何も見えず。どうやらサカタザメがいたらしい、残念。
さらにトゲカナガシラをいじって、ゴロタ方面に戻りエキジット。水温も高く、透明度もよく快適。
Hirokaさんは、その間4匹ほど魚の絵を描いてました。

2本目は「PPB」のため湾内にエントリー。
エントリーして顔をつけて第一印象は「濁ってる!」。これは深場に移動していっても変わらず、ほとんど透明度1~3mの世界。油断してるとロストしそうな透明度。
透明度が悪いため、エントリー場所に予定より近い場所でPPBの講習。透明度の悪い中、PPBの講習。ホバリングの最中も油断してると見えなくなっていってしまうため、ちょっとストレスのかかるPPBになったかも。
透明度が悪いなか、キビレミシマ、ムレハタタテダイなどを見つつエキジット。水温は気持ちいいが、透明度が悪すぎ。

海から上がってウェットスーツを脱ぐと寒いくらい、晴れてるのに。日は出てるけどもそれ程熱くない秋の日差し。そういえば、もう9月だしね。

ホバリング中のHirokaさん

その他のお魚のクリップはhttp://www.flipclip.net/clips/ysclip/

その他ダイビングログはhttp://sea.s12.xrea.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

06-08-30 神子元 [ダイビング]

8月もまもなく終わり、そろそろ秋の気配。久々の神子元、なんと4年ぶり。 使用したのは「神子元ハンマーズ」。

今まで使用してた「弓ヶ浜マリンサービス」が船を出すか微妙だったため「神子元ハンマーズ」を使用したが、ダイブフィーが「弓ヶ浜マリンサービス」より1000円くらい高いものの、「平日なら当日キャンセルしても無料」「前泊素泊まり無料」となかなかのサービス。ぎりぎりまで行けるか微妙だったため、ちょうどいいサービスだった。

東京を23時に出て、下田を越えて弓ヶ浜に2時半くらいに着。約3時間半、夜中は早い。

1本目はカメ根。
期待したほど透明度は良くない(といっても10mくらいは見えてる)。その中ガイドを先頭にカメ根をめぐり、最後は沖だし。イサキ、タカベなどなどの群れが次々と行きかう。さすが神子元。ただ期待のハンマーは現れず、安全停止へ。

お客さんが少ないためか、ボート上でそのまま水面休息を取って2本目へ。

2本目もカメ根。
1本目に比べて流れてるが、とにかく青い!きれい!暖かい!流れで潮が入れ変わったみたい。
2本目もカメ根を巡って、イサキ、タカベの群れに突入。最後はトビエイがまったり迎えてくれたが、残念ながらハンマーはGetならず。。。と、思ったらゲストの一人がハンマーのシルエットを見た模様。いいなぁ。

久々のドリフトコンディションも良く、気持ちいいダイビングだった。ボートダイブは青い海が似合うな。


その他のお魚のクリップはhttp://www.flipclip.net/clips/ysclip/

その他ダイビングログはhttp://sea.s12.xrea.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。