So-net無料ブログ作成
検索選択

06-08-27 大瀬崎 [ダイビング]

天気がイマイチ。雨も降ってなく、寒くはないが、曇りがちで日差しがあまり出ていないため、夏の雰囲気は抑え目。

1本目は先端。
水温は暖か目だが浅場の透明度が悪くなってしまっていて、先端の魅力が3割減。水深を落とすと透明度も回復するが、浅場が濁っているため、透明度は開けるが、雰囲気は暗め。
それでも、エントリー直後に目の前をワラサ?カンパチ?が通り過ぎてく。ムチカラマツの林には相変わらずキンギョハナダイとサクラダイの群れ。浅場もスズメダイの群れ。それとオルトマンワラエビがあっちこっちに。

2本目は湾内。
湾内はさらに透明度が悪くゴロタ近くで2mくらい。はぐれる危険性大。
エリア規制最終日のため、真ん中から左側からエントリー。湾内のいつもの魚たちを見つつ沖を目指す。ソフトコーラルの付いたM型ロープの下にネジリンボウがいたが、これはあっという間に引っ込んでしまった。少し待ったが出てこないため、もう少し深場へ。深場に移るとトゲカナガシラがうろうろ。
浅場に移って、ミナミホタテウミヘビ、ハナアナゴをみつつゴロタの魚を見てエキジット。

追加の3本目も湾内。
ネジリンボウ狙いで行ったが、粘っても粘っても出ていないため、もう少し深場に移りミジンベニハゼを撮って、浅場に移動。ウロウロしたが特になくエキジット。

もう来週くらいからは秋に以降かな。

その他ダイビングログはhttp://sea.s12.xrea.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。